スピリチュアルな力を利用しよう

近年パワースポット巡りなどが良く取り上げられています。敏感体質であるHSP・エンパス能力が高い方は、そういったパワースポットに行くと、いい場所だとすぐに気づく方も多く、良い影響を受けることができます。

エンパスとHSPの違いをチェック

敏感体質であるHSP

HSPというとなんだか、特殊な能力のように感じますが、いろんなものに対して、敏感に感じ取ってしまう体質であることをさします。何に対して反応が出るのかは、各人の相性によって変わってきます。

スピリチュアル能力が高いエンパス

エンパスも、HSPの一種と言えますが、よりスピリチュアル的な能力が加わったものがエンパス体質といえます。日本人は特にエンパス能力のある方が多く、更に女性の方に多く見られるという特徴があります。

チェックリストを利用するのも手

自分がエンパス体質かもしれないと思っても、なかなか判断するのは難しいものです。人に相談するにも、詳しい人が身近に入ればいいのですが、なかなか見つけるのは難しいかもしれません。エンパス体質をチェックするのには、チェックリストを使うという方法もあるので、まずは、それで確認してみるのが手軽です。また、エンパス体質であるかの他に、負のオーラが出ていないかも見ておくと自分を見つめ直すきっかけにもなります。

負のオーラが出てしまうとよくないのはなぜ?

スピリチュアル

悪いことを引き寄せやすい

負のオーラの特徴として、悪い事を引き込みやすいということがあります。朱に交われば赤くなるという言葉がありますが、負のオーラは特にその性質が強く、また、自分ではなかなか払拭しづらく、周りを巻き込んでしまう事も多々あります。

物事をネガティブにとらえてしまう

物事には、良い面も悪い面もあるものです。しかし、負のオーラが出ている状態ですと、その良い面を見るということが出来ずに何事も悪い面を見てしまいがちです。一度負のオーラに取り込まれてしまうと、ポジティブな面を見出すのが難しくなり、更に負のスパイラルに陥ってしまいます。

周りも巻き込んでしまう

負のオーラは根が強く、自分だけでなく、時として人を巻き込んでしまうという特性があります。自分の殻に閉じこもって負のオーラを抱えるだけならまだしも、自分に関わってくれる人にまでうつってしまうということも十分にあり得ます。

東京の占い教室で学ぼう☆

スピリチュアルのパワー【負のオーラによるネガティブ思考を排除】

光

霊視ならありとあらゆる悩みに対応できる

自分が負のオーラを持っているかどうかは、オーラを見る力のある人にみてもらうことでわかります。また、霊視能力がある人は負のオーラの原因を見つけてくれるでしょう。そんな霊視とは、依頼者の守護霊とコンタクトを取り、守護霊から情報をもらってそれを依頼者に伝えるというものです。守護霊は、その名の通り、依頼者を守立場にいるので、依頼者の不易となる情報を霊能者に渡すことはなく、依頼者の成長へとつながる情報を霊能者に伝えてくれます。依頼者のことを一番近くで見ている守護霊だからこそ、依頼者の悩みは良く理解していますし、依頼者のこれからの成長を望んでいる訳ですから、どんな悩みでも対応できるという訳です。
ただ、霊視というと何となく胡散臭く感じ、倦厭してしまう方もいらっしゃいますが、本物の霊視能力をもつ霊能者は、守護霊の信頼を得られなければ守護霊から情報は得られないわけです。ですから、人として格が高い人格者であることが多いでしょう。

九星気学を無料で活用

当たる占いで恋愛を成功へ◎

話題の霊視の方法とは☆